読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sandbox

Scala, Android, Architecture, Management, Service Design あたりを主戦場としております

Android Bazaar Conference 2012 Spring に参加してきた

android event

当日は、前日まで忙しくしていた事もあり登壇予定 LT の準備に終われ、直前まで資料作りに励み、セッションは全然参加できなかったという本末転倒感のある結果に。
なので、セッションの感想は全然なしです。

LT で発表した

「Droid 君と Jenkins 氏の CI 3分クッキング」というタイトルで発表しました。


感覚的ではあるけども Web アプリケーションの領域と比較して、Android 周りでは CI がそれ程認知、普及されていない気がしたので、わりと簡単だし今日から少しでも自動化しよう、というのが主旨でこのテーマを選びました。



…が、結果としては、発表時のディスプレイ周りの詰めが甘く、デモもままならず散々な結果に orz
発表スキルはまだ底辺なので、課題も見えたし今後の糧として前向きに捉える事にします。
え、泣いてなんかいません。


尚、スライドに内容があまりないので補完エントリを書きました。

http://d.hatena.ne.jp/tlync/20120326/1332691894

懇親会

開始時より、名刺交換のオンパレードでなんか前職の B2B 系のイベントな雰囲気に若干萎えつつも、結果的に色々な方と話せて楽しかったです。わりとお金の匂いのする懇親会ではあるので、技術について語りたい開発者同士の懇親会は別枠でやった方が楽しいだろうなぁ…とは思いました。


良く知らないですが、コアな Android クラスタの人達が集る裏懇親会と言うものがあったらしく、そっちに興味はあったけど 5000円払っちゃたし、なんか怖いので普通にオモテに参加しました。


他の会社の開発者の方と合同勉強会などをしたいねなんて話しも出来たので、なにか合致するテーマがあれば実現に向けて動きたいところ。

色々課題はありますが、来年も何かしら発表側で参加出来る様に頑張りたい。
主催、運営、講師の方々、お疲れ様でした & ありがとうございました。